写真家・田中長徳氏の著作「ライカの謎 謎のカメラ」に、散文詩「ライカ」という記述があります。
旅にでたくなる、写真を撮りたくなる、そんな名文です。

”テーブル上でこっちを向いているライカ
古いライカを一台持って
世界の果てに独りで旅にで出る”

「世界の果て」なんていうところは、大仰ですけれど、ちょっと考えると、今いる場所こそ世界の果てかもしれないことに気づきます。
だって、地球は丸いのだから。

散文詩は、こう続きます。

”実行するにこしたことはないが、想像だってかまわない
世の中にこれほどすばらしいことがほかにあるだろうか”

ライカ片手に旅に出る。
写真が趣味で、カメラが趣味の人には、憧れでしょう。
「独りで」というところもポイントですね。

ここで散文詩「ライカ」を少し改竄してみようと思います。

古いライカを一台持って
世界の果てに独りで旅にでる
「古いライカ」にこしたことはないが、ソニーだって、iPhoneだってかまわない
世の中にこれほどすばらしいことがほかにあるだろうか

「ソニー」や「スマホ」では、少々、無粋でしょうか。
それはともかく、「写真が趣味」というのは、わるくないですよ。
極めて敷居の低い趣味です。
芸術を極めるのならともかかく、才能も必要としません。
シャッターさえ押せれば、とりあえず写るんですから。
特別高価なカメラも、必要ありません。
スマホだって、十分です。
デジタルですから、いくら撮っても、フィルム代も現像代もかかりません。
ローコストで、楽しめる趣味ですね。

ただし、「カメラが趣味」となると、ちょっと事情が違ってきますが。
道楽に生きるというのは、コストがかかるものです。
もし、それが可能な環境にいるのなら、それも、また良しです。

ここで、散文詩「ライカ」、もうひとつの改竄。

古いスマホを一つ持って
となりの街に独りで旅に出る
想像だってかまわないが、実行するにこしたことはない
世の中にこれほどすばらしいことがほかにあるだろうか

カメラと暮らし、カメラと旅する。

さて、何が発見できるでしょうか。

※ちなみに、掲載の写真は「古いスマホ」ならぬ、「古いガラケー」で撮ったもの。
撮影地は、「世界の果て」ではなく、日本最南端の有人島である沖縄・波照間島の南岸。